チェンライのランドマーク、ライトアップされた大時計台




観光客に人気のナイトバザールは、タイ山岳民族の見本市

タイの北部、チェンライは北部の中心都市チェンマイと比較すると、車も人も少なく落ち着いた街といえるでしょう。それでも立派な国際空港を有し、バンコクなどからのアクセスは良好です、

チェンライの観光名所というと、バントバザールが挙げられます。バンコクやチェンマイのそれに比べて、規模は大きくありませんが、タイ北部の山岳民族に容易に出会えるのが特徴かも知れません。

チェンライはかつて麻薬の取引などがあり足を踏み入れるのを恐れられていたゴールデントライアングルに地理的に近く、いまでは山から降りた山岳民族が一般のタイ人に混じって暮らしています。

ナイトバザールの露店では民芸品を売る山岳民族も多く、通りではアカ、リス、ラフなどの民族衣装をまとった山岳民族に接することができます。それはまるで、山岳民族の見本市といって過言ではありません。




色鮮やかな証明に照らされる大時計台が見事!

チェンライで、外国人観光客が一度は足を運ぶ場所は、通称タイ人に「ナリカヤイ」と呼ばれる大時計台でしょう。「ナリカ」はタイ語で時計、「ヤイ」は大きい、を意味します。

大時計は、パホンヨーテン通りとジェトヨット通りが交わる交差点のロータリーに立っています。チェンライの中心に位置することもあり、チェンライのランドマークとされています。以前はひっそりと控え目に立っていましたが、いまでは夜間にライトアップされ遠方からも目立つようになりました。

照明に浮かぶ大時計は、外観の色が刻々と変化します。黄金色、赤、濃いブルーなどに彩りが変わる大時計を見ていると、しばし時間の過ぎるのを忘れてしまうほど。ロータリーで店を開くコーヒーショップ、ガラス窓に面したカウンターからコーヒーをすすりながら眺める大時計は、チェンライの最高の思い出になるにちがいありません。




大時計台のそば、チェンライお気に入りの格安ホテル

チェンライを訪れるとたいてい泊まるのが、スクニランホテルです。大時計台から徒歩3分ほどの場所にあり、ナイトバザールにも近く街の賑やかなところをぶらつくには最適なホテルでしょう。

バスタブなしのシャワーのみの部屋で、かつては300バーツ台、いまでも500バーツほどで泊まれる、いわばチェンライの格安ホテルのひとつです。

大時計から近く便利なのは前述の通りですが、そばに特徴的なクィティオ(タイラーメン)専門店や地元民に人気の大衆食屋があるのは、うれしい限りです。

空港へ向かう国道1号線沿い、コック川にかかる橋のたもとにある食堂で食べた豚の血でスープをとった真っ赤なラーメンの味が忘れられないのですが、そのクィティオ専門店では豚の血を固めた具入りの麺を食することができます。

また、通りを隔てた向かい側の大衆食堂ペチャブリ・タイレストランにも、何度も通ったものです。店頭に10種類を超える総菜がトレイに用意され、好きなおかずを選びます。タイビールのビアチャーンを飲みながら、お気に入りのおかずで空腹を満たす・・・。チェンライでの至極の時が、流れます。

All rights reserved by pan*asia-net & panasia D.C.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です