本文へジャンプ
●「自分史『楽書き』サービス」のご案内
当サイトの「自分史『楽書き』サービス」では、 @自分史「楽書き」見出し&項目提供サービス と A自分史「楽書き」見出し&項目提供・代筆サービス の2つのサービスを用意しています。
これらのサービスは、団塊の世代の多くが現役を離れ一線から退き、自らのここに至る人生を振り返り、後世に何物かを残したいと考え「自分史」を記したいと思うなか、いっこうに筆が進まないとパソコン画面や原稿用紙に向かい合うだけで、ひらすら時間を浪費している方に向け、自分史を書き上げる助力となる方法などを提供するものです。


@自分史「楽書き」見出し&項目提供サービス
自分史「楽書き」見出し&項目提供サービスとは、サービスが提供する200余項目に文字を埋めるだけで、自然と自分史が完成するというものです。
[サービスの詳細]
〇「自分史『楽書き』見出し&項目提供サービス」の詳細は、次の通りです。
1)自分史を作成されるうえで、必要と思われる見出しと200余の項目データをテキストファイルにしてお送りします。
2)見出しおよび項目に沿って、思いのまま文字にして埋めるだけで、体系的かつ立派な自分史が出来上がります。
3)紙(アナログ)の本にした場合の、全体のボリュウームも考慮し、1項目当たり400〜800字を目途に、文字を埋めてみてください。
〇このサービスをご利用し完成させた自分史作品は、当サイトの「自分史蔵書館」<リンク>に所蔵し、テキストを広く読んでもらうこともできます。
〇また、ご自分で書かれる自分史の文章をご本人に代わってプロの物書きが、洗練された作品に仕上げる「自分史『楽書き』見出し&項目提供・代筆サービス」も別途用意しています。
[サービスの基本料金]
〇自分史が楽に書ける見出し&200余項目のテキストデータ提供 3,000円
*ご希望の方は、事前にペイパルを通じてお支払いください。
*ペイパルアカウント等
ペイパルのホームページ
https://www.paypal.com/jp/home
送金先(当サイト)のアカウント・メールアドレス
payment.pp@panasia-net.com
*ペイパルにログイン(登録無料)し、上記アカウント・メールアドレス宛てお支払いください。
*上記料金は、サービスの品質維持のため改定させていただくこともあります。
[サービスの提供日数]
〇サービス提供日数は、ペイパル入金確認後、3日以内が目安となります。
[サービスの提供者]
ドキュメンタリー作品、雑誌記事などの執筆および大手出版社をはじめとする書籍の企画・編集を数多く手がけてきたプロの編集者・ライターが、あなたの自分史づくりをサポートします。
[サービスの一部見本]
〇ご参考までに、自分史「楽書き」見出し&項目の一部ですが、下記の通りです。

▽祖父母と両親、自分の誕生・成長
・家系&姓のルーツは?
・生家はもとからその地にあるのか
・祖父母の結婚、両親の結婚
・家業について
・誕生の頃の家族構成
・誕生の地はどこか?
・何番目の子で、生まれたときの健康具合いは?
・両親や近親者から聞いた赤ん坊の頃の様子
・故郷の地と、生まれた頃の風景
・当時の時代背景
・故郷と幼児期の思い出、幼児期の両親
・保育園・幼稚園時代、先生の印象
・幼児期の遊び・仲良し
・楽しかった思い出・悲しかった出来事
・幼児期の祖父母との思い出
・母親の手料理は?
・父親の教え
・家の手伝い・家でのしつけ
・両親の人生模様
[サービス提供に関わるご注意事項]
〇サービスの提供は原則、テキストファイルによります。
*テキストファイルにてご提供する見出し&項目は、ご購入者ご本人の使用・活用に限らせていただきます。コピー等により第三者へ配布された場合は、別途コンテンツ費用を請求させていただきます。
[よくあるご質問]
〇サービスの提供は原則、テキストファイルによります。
*テキストファイルにてご提供する見出し&項目は、ご購入者ご本人の使用・活用に限らせていただきます。コピー等により第三者へ配布された場合は、別途コンテンツ費用を請求させていただきます。


[よくあるご質問]

自分史の項目数が200余項目となっていますが、それでも該当する項目がない場合、こちらで項目を増やしたり逆に減らしたりすることはできるのでしょうか?

提供項目を200余項目用意させていただいているとはいえ、万人に適合する項目がすべて用意されているとは限りません。項目を確認いただき、足りない項目はご自由に加えていただいて結構です。


項目にしたがい一応書いた自分史ですが、仕上がりや出来ばえに納得いかない場合、改めてリライトを依頼することは可能でしょうか?

費用は別途発生しますが、ご依頼があれば請け賜わります。オプション・サービスの詳細は下記ご参照ください。

<オプション・サービス基本料金>
〇長文原稿のリライト 〜5000字  10,000円
〇長文原稿のリライト 5000字超5000字ごとに +5000円
〇「お急ぎ便」のご依頼 基本およびオプション料金ごとに +1000円

<オプション・サービス提供日数>
〇サービス提供日数は、 リライト 〜5000字で 10日が目安となります。
〇お急ぎ便については、上記各日数マイナス2日を目途とします。
〇日数のカウントは、サービス内の「問い合わせ」メールでの相互確認終了時からとなります。


案内にあります「自分史蔵書館」への所蔵・掲載を依頼する場合、どのような手続きが必要なのでしょうか?

まずは、サービス内の「問い合わせ」メールにて、ご連絡ください。段取りや流れ等の詳細をご説明します。所蔵・掲載には、以下の通り費用が発生します。

所蔵・掲載費用:年間5000円
「見出し&項目提供サービス申込」メール
自分史「問い合わせ」メール
▽自分史蔵書館
A自分史「楽書き」見出し&項目提供・代筆サービス
自分史「楽書き」見出し&項目提供・代筆サービスとは、サービスが提供する200余項目に文字を埋めてデータ送信していただくと、あとは下書きデータをもとにプロのライターが、あなたに代わって自分史に仕上げるというものです。
[サービス詳細]
〇「自分史『楽書き』見出し&項目提供・代筆サービス」の詳細は、次の通りです。
1)自分史を作成するうえで、必要と思われる見出しと200余の項目データをテキストファイルにしてお送りします。
2)見出しおよび項目に沿って、思いのまま文字にして埋めていき、あとはテキストファイルかワード文書にして、送信していただくだけです。
3)紙(アナログ)の本にした場合の、全体のボリュウームも考慮し、1項目当たり400〜800字を目途に、文字を埋めてみてください。
4)送信いただいた文章の色合いやタッチを生かし、プロのライターが洗練かつ完成度の高い自分史(テキストないしはワード文書)に仕上げて、あなたの元に送信させていただきます。

〇このサービスをご利用し完成させた自分史作品は、当サイトの「自分史蔵書館」に所蔵し、テキストを広く読んでもらうこともできます
[サービスの基本料金]
〇ご送信原稿を元にした400字原稿用紙200枚以内の自分史作成 150,000円
〇ご送信原稿を元にした400字原稿用紙300枚以内の自分史作成 200,000円
*ご希望の方は、事前にペイパルにてお支払いください。
*ペイパルアカウント等
ペイパルのホームページ
https://www.paypal.com/jp/home
送金先(当サイト)のアカウント・メールアドレス
payment.pp@panasia-net.com
*ペイパルにログイン(登録無料)し、上記アカウント・メールアドレス宛てお支払いください。
*ご購入いただいたサービスがキャンセルになった場合は、代筆作業などの進捗具合いを勘案し、未着手作業分の半額を返金させていただきます。
*上記料金は、サービスの品質維持のため改定させていただくこともあります。
[サービスの提供日数]
〇サービス提供日数は、60日以内が目安となります。
*日数のカウントは、ペイパル入金確認および原稿送信後のメールによる相互確認終了時からとなります。
[サービス提供者]
ドキュメンタリー作品、雑誌記事などの執筆および大手出版社をはじめとする書籍の企画・編集を数多く手がけてきたプロの編集者・ライターが、あなたの自分史づくりをサポートします。
[サービスの一部見本]
〇ご参考までに、自分史「楽書き」見出し&項目の一部ですが、下記の通りです。

▽祖父母と両親、自分の誕生・成長
・家系&姓のルーツは?
・生家はもとからその地にあるのか
・祖父母の結婚、両親の結婚
・家業について
・誕生の頃の家族構成
・誕生の地はどこか?
・何番目の子で、生まれたときの健康具合いは?
・両親や近親者から聞いた赤ん坊の頃の様子
・故郷の地と、生まれた頃の風景
・当時の時代背景
・故郷と幼児期の思い出、幼児期の両親
・保育園・幼稚園時代、先生の印象
・幼児期の遊び・仲良し
・楽しかった思い出・悲しかった出来事
・幼児期の祖父母との思い出
・母親の手料理は?
・父親の教え
・家の手伝い・家でのしつけ
・両親の人生模様
[サービス提供に関わるご注意事項]
〇サービスの提供は原則、テキストファイルおよびワード文書によります。
*テキストファイルにてご提供する見出し&項目は、ご購入者ご本人の使用・活用に限らせていただきます。コピー等により第三者へ配布された場合は、別途コンテンツ費用を請求させていただきます。
[よくあるご質問]

自分史の下書きを書く場合、提供された項目を無視しても構いませんか?

必要と思われる項目があれば、もちろん加えていただいて結構です。


自分史の下書きは、原稿用紙など紙に書いたものでも構いませんか?

原則、自分史の下書きは、テキストファイルあるいはワード文書にして、当方にお送りいただくことになります。原稿用紙などをスキャンし画像データ等でお送りいただく場合、データをテキストデータに起こすための、別途費用をお支払い願うことになります(費用の詳細は、事前にメールで調整)。


下書きをもとにリライトを依頼した自分史は、仕上がり後どのようなかたちで、送ってもらえるのでしょうか?

完成した自分史は、原則テキストファイルかワード文書で提供させていただくことになります。


仕上がり文章に注文や不満がある場合、修正などを依頼することができるのでしょうか?

仕上がり文章の修正にお応えする場合、400字原稿用紙1枚相当につき +1000円 となります。


案内にあります「自分史蔵書館」への所蔵・掲載を依頼する場合、どのような手続きが必要なのでしょうか?

その旨、「問い合わせ」メールにお知らせください。本サービスをご購入いただいた場合、「自分史蔵書館」への所蔵・掲載につきましては、別途費用は発生しません。
「見出し&項目提供・代筆サービス申込」メール
自分史「問い合わせ」メール
▽自分史蔵書館



お知らせ
  • お知らせが入ります。
  • お知らせが入ります。
  • お知らせが入ります。
img of pnas-anm
 image of pan-wordpress
img of ojje-bnm
image of ab-sdban
ペイパル|VISA,Mastercard,JCB,American Express,UnionPay,銀行
   All rights reserved by pan*asia-net & panasia D.C.